MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

小池都知事が定例会見1月12日(全文1)平昌五輪、出席の予定はない

THE PAGE - 1月12日(金) 18時17分

拡大写真

(THE PAGE)

 東京都の小池百合子知事が、12日午後2時から定例会見を行った。

  ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年1月12日)」に対応しております。

動物園のジャイアントパンダの親子、観覧の方式を変更について

小池:それじゃあお願いします。

時事通信:それでは知事からよろしくお願いします。

小池:それでは今日、私のほうから1本だけ、お伝えをいたします。かわいいパンダの話でございます。上野動物園のジャイアントパンダの親子、この観覧の方式を変更いたしますので、お伝えいたします。シャンシャンと、それからお母さんのシンシン、このパンダの親子については昨年の12月19日から一般公開を開始いたしまして、これまでも多くの皆さんに楽しんで、ご観覧いただいてきたものと思います。ちょっと最近のかわいい姿、見ていただきたいと思います。

 はい、ということで、はい。ちょっとだけよ、でご覧いただきました。ご覧いただきましたように、生まれたときっていうのは147グラムだったシャンシャンですけれども、そして途中、こういう経過があって、それから今はこれどころではない、14.6キロまで、すくすくと育ってきております。ちなみに、この縫いぐるみもとても売れているそうでございます。

 で、じゃあどう変わるのか、なんですけれども、まず、これまではパンダの健康を考えて、観覧時間っていうのを午前中に限定してまいりました。そしてなおかつ抽選方式で日時を定めて、そしてぐるぐると見ていただいたわけですけれども、今回は、シャンシャン、シンシンの健康状態もいいということが確認されましたので、2月1日以降ですけど、2月以降は観覧時間を朝から夕方の、9時45分から夕方の16時45分までということで、延長、拡大いたします。

 公開エリアについても、これまでは室内2つに分かれているところを通して、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしておりましたけれども、屋外にもちょっと広げることといたします。で、その分、動き回る、あれ、次出ない? はい。ということで、これまでは、こことここで、よく木に登ってるのはこっちだと思いますけれども、これからは、こことこれだけのところを動き回るパンダがご覧いただけるということで、その分広がりますので、1日にご観覧いただける人数も増えるということです。これまで2000人だったんですけれども、9500人に増えると。大幅に増えることになりました。で、それからパンダ舎のイメージ、ご覧のとおりですけれども、広い屋外で元気に遊び回る、愛らしいシャンシャンの姿をお楽しみいただけると思います。

 こうやって観覧時間、そして公開エリアを拡大することで、2月以降は抽選方式、これまでの抽選方式から先着順方式へと変更させていただきます。具体的には上野動物園内で時間を指定した整理券を先着で配布いたしますので、整理券をもとにご案内することになるかと思います。今後につきましても、多くの皆さんにシャンシャンの成長を見守っていただきたいと、このように考えております。ということで、よりシャンシャンと触れ合うというか、見ることのできるチャンスが増えるということでございますので、どうぞ上野にいらしてくださいと。私からは以上です。

観覧方式変更について

時事通信:ありがとうございます。シャンシャンの観覧方式変更ということで、ますます盛り上がりそうなんですけれども、健康状態が、観覧エリアを広げて、見に来られる方を増やしても問題ないだろうという判断の下で、最初は少し限定されていたというのは、そういう配慮があったと思うんですが、そういうことなんですか。

小池:そうですね。十分、子供のころからだいぶすくすく育ってきて、元気そうだということで、心配はないだろうという、上野動物園の専門家の判断でございます。考えてみれば野生のパンダもいっぱいいるわけで、それを、いっぱいでもないですかね、いるわけで、そういう意味では、こうやって広げたり、時間を延ばしたりということにも、十分、耐えられるということだと思います。

平昌五輪には出席する予定はあるのか

時事通信:ありがとうございます。もう1つが、1カ月を切った、平昌五輪の件でちょっとお伺いしたいんですが、東京五輪とは、冬季と夏季でちょっと性格は違うと思うんですけれども、知事が開会式にご出席されるですとか視察に出掛けられるといった、そういったご予定はありますでしょうか。

小池:結論から申し上げますと、私は出席の予定はしておりません。リオの大会のときは、直前の夏季大会、夏の大会の運営状況などを自ら確認をするという視察の意味もございました。そして参考にするためということで参ったわけであります。それともう1つは、リオのときは、オリパラの旗を預かるという明確な私は次の開催地、夏のオリンピック・パラリンピックの開催地としての、旗の受け渡しという、受けるほうですね、その役目がございましたもので、リオのほうには参りましたが、今回は、それの役割は特にございません。ということで私自身は行かない、出席はしないということでございます。

時事通信:関連してなんですけれども、平昌五輪に北朝鮮も選手団を派遣するっていうことで、北と南で、朝鮮で合意したみたいなんですけれども、それについてはどのような受け止めをされてますでしょうか。

小池:そうですね、オリンピックは政治は関係ないといいつつ極めて政治的で、参加するしないをある種のカードに使ってきて、今は大変それは効果を発揮しているのではないかと。逆に言えばそのカードを持っているが故に実際に始まるまでそのカードが使えますよね。じゃあ行きませんよというね。ということで大変、その意味でも北はたくみだというふうに思います。今回、いずれにしましてもできるだけ多くの選手が参加をするということで、オリンピック、平昌オリンピック・パラリンピックが盛り上がることは、これは普通に期待したいと思います。

時事通信:ありがとうございました。幹事社からは以上となります。各社よろしくお願いします。

【連載】小池都知事が定例会見2018年1月12日 全文2へ続く

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.