MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

広瀬アリス「12年に1回しかないので、いい年にしたい」

スポニチアネックス - 1月14日(日) 20時1分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 女優の広瀬アリス(23)が14日、都内で主演映画「巫女っちゃけん。」(2月3日公開)完成披露試写会に出席した。
 同映画は宮地嶽神社を舞台とする神社エンターテイメント作品。「おもしろい作品になっていると思う。巫女の世界をコミカルに描いているので、クスクス笑ってもらえたら」とアピールした。
 撮影は1年半前に行われ、広瀬は巫女を演じるにあたり撮影一週間前から同神社で役作り。「所作の練習をしたり、巫女の生活をずっとしてました」と明かした。撮影中の印象的な出来事を聞かれると「普通に働いている巫女さんたちとご飯を食べたりしました。濃い目の梅干しがしょっぱくておいしかった」と笑顔を見せた。
 イベントではグ・スーヨン監督、宮地嶽神社で神官・渋江公誉氏、巫女・上田万綺氏と共にヒット祈願も行った。広瀬は年女ということもあり、「12年に1回しかないので、いい年にしたいなと思います」と話していた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS