MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『男と女、モントーク岬で』ステラン・スカルスガルド インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 5月23日(水)

『男と女、モントーク岬で』ステラン・スカルスガルド インタビュー
フォルカー・シュレンドルフ監督と仕事がしたかった

『男と女、モントーク岬で』
2018年5月26日より順次公開
(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

17年の時を経て再開した男と女。かつて愛し合った2人はなぜ別れたのか? あれからどんな時間を過ごしたのか? パルムドール受賞作『ブリキの太鼓』(79年)の名匠フォルカー・シュレンドルフ監督が描く、大人の愛の物語。

主演はステラン・スカルスガルドとニーナ・ボス。スウェーデンが誇る名優にしてアレクサンダー・スカルスガルド、ビル・スカルスガルドら人気俳優の父としても知られるスカルスガルドに、映画の見どころなどを語ってもらった。


──このプロジェクトに参加した理由を教えてください。

フォルカー・シュレンドルフ監督

スカルスガルド::フォルカー・シュレンドルフと仕事がしたかったんだ。いつも大注目していたからね。真に優れた監督の一人だよ。その知性と感受性。でも最終的には脚本が決め手になった。言葉がぎゅうぎゅうに詰め込まれてるんだよ! 文学作品のようにね。普通の脚本とは違ってた。実を言うとこの映画は、僕の主義には反するんだよ。僕は常々、映画は文学作品のようであるべきじゃないと言ってるからね。重要なのはテキストじゃなくて、行間に何が起こっているかだ。でも、もちろん、「ノー」とは言えなかった。僕の主義に反しているけどね(笑)。映画は5分間に及ぶモノローグで始まるんだ。それを一つ取っても、僕にはとてつもない挑戦だったよ。セリフを覚えるのは嫌いなんだ。

──憧れのフォルカー・シュレンドルフ監督と仕事をして、いかがでしたか?

スカルスガルド:彼は仕事が早いんだけど、柔軟性もすごいんだ。フォルカーが関心を持つのは結果だけだ。どうやってそこにたどり着いたかは重要じゃない。だから役者は各シーン、違った角度からアプローチしてみたり、いろいろ試すことができるんだ。でもそれはいつまでも迷っていいっていう意味とは違う。彼はたくさんのショットを早いテンポで撮っていく。ショットに次ぐショット。長い待ち時間はないし、時にはシーンの間に全く時間を挟まない。そのやり方が、僕には合っているんだよ。それは自発的になれる唯一の方法だし、計画が立てられない独特の瞬間だからね。もちろん、これは自信のある監督にしかできない技だよ。フォルカーはあらゆることに耳を傾けるし、すべてに目を通す。彼はすべての微妙なニュアンスに注意を向ける。こうしたささやかだけど特別な達成が絡み合ったときが、彼の喜ぶ瞬間だね。

『男と女、モントーク岬で』
(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

──舞台となるのは、マンハッタンから車で約2時間半ほどの小さな港町モントークですね。

スカルスガルド:(スイスの作家)マックス・フリッシュの本や脚本を読む前は、いろんな写真に登場する18世紀の有名な灯台が頭に浮かんだね。例えばアンディ・ウォーホルなんかがその場所で過ごしたんだよね。でも僕自身はモントークに行ったことはなかった。今は心の中にその絵が描けるほどだ。撮影中は、スカンジナビアの印象派の画家たちがこぞって絵を描きに出かけたデンマークの最北端にいるような気分だったよ。その光はモントークのものととても似てるんだ。海に反射する様子や、波の音なんかも似てるね。最高だよ。

──ニューヨークでも撮影していますね。いかがでしたか?

『男と女、モントーク岬で』
(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

スカルスガルド:ニューヨークが舞台というのはもちろんとても特別さ。実に多くの映画があの場所で撮られている。行ったことがないにしても、誰もが頭の中にイメージがあるはずだよ。エンパイア・ステート・ビルディングなんかの風景や、黄色いタクシー、音……匂いでさえもね。でも、この作品では、絵葉書ふうの「お決まりの」ニューヨークは見せていない。街の中でのシーンは、かなりの混乱だったよ。予算の関係で交通止をすることができなかったから、カメラが回っている時は車にひかれないように注意する必要があった。でもそれはいいことだったよ。街のエネルギーを取り込みたかったからね。こうしたことを経験豊富なフォルカー・シュレンドルフ監督とできたのは楽しかったよ。

──相手役となる女優、ニーナ・ホスやスザンネ・ウォルフとの共演はいかがでしたか?

スカルスガルド:面識はなかったんだけど、2人とも素晴らしい女優で、一緒に時間を過ごせて、光栄に思うよ。全然違うタイプだけど、動かしようのない共通点が一つある。それはカメラの前での存在感だね。どんなシーンでもその存在感がすごいんだ。アイディアやコンセプトなんかを事前に用意することはしない。その瞬間に身を任せて、心をオープンにして、感じるままの演技をする。素晴らしいね。この年になって、こんなに輝いた若く美しい女性たちに囲まれるなんて、とても特別な気分だよ!

(2018/05/23)
  • 1
 
ステラン・スカルスガルド
Stellan Skarsgard

1951年6月13日、ウェーデン・ヨーテボリ生まれ。10代の頃からテレビで活躍、その後ストックホルム王立劇場の一員として舞台に立つ。ラース・フォン・トリアー監督の『奇跡の海』(96年)でその名を世界に知らしめ、『アミスタッド』(97年)、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97年)、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00年)、『ドッグヴィル』(03年)、『メランコリア』(11年)、『ニンフォマニアックVol.1 & Vol.2』(13年)、『マイティー・ソー』(11年)、『アベンジャーズ』(12年)、『ドラゴン・タトゥーの女』(11年)、『シンデレラ』(15)などに出演。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。