MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『オー・ルーシー!』寺島しのぶ×平柳敦子監督インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 4月27日(金)

『オー・ルーシー!』寺島しのぶ×平柳敦子監督インタビュー
寺島しのぶさんも私も直感で動く人間(平柳監督)

『オー・ルーシー!』
2018年4月28日より公開
(C)Oh Lucy,LLC

会社と自宅アパートを往復するだけの単調な毎日を送る43歳独身OLの節子。ひょんなことから英会話教室に通うことになり、そこでアメリカ人のイケメン講師・ジョンと出会う。彼から金髪のカツラを手渡され、「ルーシー」と名づけられてハグされた瞬間、死んだように生きてきた節子の中で何かが大きく変わった。

 昨年の第70回カンヌ国際映画祭批評家週間で上映され、注目を集めた『オー・ルーシー!』がついに日本公開される。サンフランシスコ在住の平柳敦子監督と主演の寺島しのぶに話を聞いた。


──まず、お2人が最初に出会われたのはいつなんでしょう。

平柳:2016年の夏ですね。寺島さんが舞台をやっていた時です。

──監督が寺島さんに、脚本と短編版『オー・ルーシー!』を送られて。

平柳:はい。で、会いたいと言ってくださって。

──お互いの第一印象は?

平柳:たぶん同じだったんだと思うんです。彼女が最近、「動物的本能」とかって言っていたのを聞いて、私も全く同じだったので。

寺島:なんか気が合うなって。気……人としての気が合うというか、直感で動いてる人間だと思ったんですよね。

平柳:ふーん。

寺島:違うこと言ってました?

平柳:ううん。自分のことを直感で動く人間だって言ってた。で、私のこともそういう人間だと思ったんでしょうね。確かに私も直感で動くんです。

寺島しのぶ

──監督ご自身はどう思われました?

平柳:全く同じですね。臭覚で例えると、匂ってましたね、すごい(笑)。プンプンね。

──寺島さんはその前に、桃井かおりさんが出られた短編を見て、脚本も読まれたんですよね。

寺島:すごく面白かったですね。長編を撮ることになった経緯も聞いて、監督が求めてくれるなら、やりたいと思ってました。でも人見知りなんです。

平柳:うん、人見知りする。

寺島:最初に会った時、仲介してくださった方がいたんです。その方が「自分ばかり喋っちゃったから」と、その後またセッティングしてくれたんですが。

平柳:でもその人がまた喋ってましたね(笑)。

寺島:そう(笑)。結局、私たちは現場までほとんど話さなかったですね。

平柳敦子監督(左)と寺島しのぶ(右)

──まさに動物的本能で通じ合っていた感じですね。寺島さん、脚本を読んだ感想はいかがでしたか?

寺島:いびつだなと思いました。これ絶対にやりたい!というパンチよりも、空白がいっぱいあったんです。この空白はすごく役者に任せてる書き方だと思って、そこが好きだった。

平柳:よくわからないですけどね、どういう台本なのか。

寺島:こうしなければならない、みたいなことが全部細かく書いてある台本のことです。でも彼女の脚本は結構余白が見えて、その部分は楽しめるな、と思ったんです。

──桃井さんが主演した短編の存在が影響したりすることは?

『オー・ルーシー!』
(C)Oh Lucy,LLC

寺島:桃井さんとは何回かお仕事でご一緒しているんですけど、桃井ワールドに取り込んでいくのがすごく上手な女優さんなんです。桃井さんは自分で内容を読めるし、変えるし、そういうことを楽しめる女優さんです。あの短編は傑作ですけど、私が演じる時は、そうはならないのは自分でもわかってる。監督と気が合いそうだから、ディスカッションしながら、お芝居を組み立てていけば、自ずと全く違ったものになるんじゃないかと思いました。

平柳:ただ、実はそんなに話はしなかったですよね。リハーサルもなしで。空手の世界じゃないけど(笑)、私は1発目がどう来るのかをまず見て。どうかかってくるのか、と。

寺島:彼女は本当に空手家なんです。

平柳:勘というか、モニターを見て、すんなり違和感なく「あ、節子だ」というのが見えたので。違和感があれば、もちろんわかりますよね。それは全然なかったです。

寺島:それはやっぱり人との気なんだと思いますね。

平柳:エネルギーですね。

『オー・ルーシー!』撮影中の様子/左から寺島しのぶ、平柳敦子監督、忽那汐里

──スケジュール的には、あまり余裕のある撮影ではなかったと思いますが。

平柳:余裕はないです。だから本当に俳優の方たちに助けられました。毎回1か2テイクでね。

寺島:そうですね。

平柳:しかも撮影がアメリカのやり方で、カバレージ・ショットと言って、いろんなアングルから同じシーンを撮らなきゃいけないんです。あれが日本のやり方との大きな違いですよね。

寺島:なんでこんな撮るんだろう?と思いました。詳しく聞いたら、フィルムにトラブルがあった場合の保険というか、撮っておかなきゃいけない規定があるらしいんです。日本での撮影では、スタッフも慣れていないから、バタついて、時間は過ぎていく。
 ただ、良い方に取ると、その鬱屈した感じが日本での節子のシーンに出たかもしれない。アメリカでは気候や土地とかからも開けていく部分も自然にあるので。節子自体も開放されていくのが肌で感じられました。毎日撮影を積み重ねていくと、監督やカメラマンとの信頼関係も出来てきて。ただ、カバレージは難しかった。「手を抜いてください」みたいに言われても、私、そういうのに慣れていなかったので。

──むしろ逆に難しい?

寺島:そうなの。ハリウッドの役者さんはそれができるんです。今カメラが撮っている、この部分を頑張る。違うテクニックですよね。

(2018/04/27)
 
寺島しのぶ
てらじま・しのぶ

1972年12月28日生まれ、京都市出身。舞台、映画、ドラマで活躍。『赤目四十八瀧心中未遂』(03年)、『ヴァイブレータ』(03年)で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ国内外で多数の映画賞を受賞。『キャタピラー』(10年)で、日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞。その他の映画主演作に『やわらかい生活』(06年)、『愛の流刑地』(07年)などがあり、『ぼくのおじさん』(16年)、『幼な子われらに生まれ』(17年)などでも活躍。2018年は「秘密の花園」、「ヘッダ・ガブラー」と舞台の主演が続き、映画は『のみとり侍』が5月18日より公開予定。

平柳敦子
ひらやなぎ・あつこ

長野県生まれ、後に千葉に移転。高校2年生の時に渡米し、ロサンゼルスの高校を卒業後、サンフランシスコ州立大学にて演劇の学位を取得。2013年にニューヨーク大学大学院映画学科にて映画制作の修士号を修得。在学中に制作した短編映画『もう一回』(12年)がショート・ショート・フィルム・フェスティバル& ASIA 2012グランプリ、ジャパン部門優秀賞、ジャパン部門オーディエンスアワードを受賞。桃井かおり主演で制作した修了作品『Oh Lucy!』(14年)が第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン(学生映画部門)第2位をはじめ、各国で35を超える賞を受賞。同作の長編バージョンである『オー・ルーシー!』は脚本の段階でサンダンス・インスティテュート/NHK賞を受賞し、同賞のサポートを受けて製作された。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。