MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

インタビュー

『デメキン』佐田正樹×健太郎×山田裕貴インタビュー

MOVIE Collection[ムビコレ] - 12月15日(金)

『デメキン』佐田正樹×健太郎×山田裕貴インタビュー
健太郎と山田裕貴が男前すぎてもったいない(佐田正樹)

『デメキン』
2017年12月2日より全国公開
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017映画『デメキン』製作委員会

福岡最大の暴走族の総長だった過去を持つお笑い芸人・佐田正樹。その不良時代を描いた自伝小説「デメキン」が実写映画化された。主演は、ネクストブレイク必至の健太郎、山田裕貴。その親友・厚成を山田裕貴が演じている。今回は、原作者の佐田とキャストの健太郎、山田に映画の見どころなどを語ってもらった。


──原作小説はマンガ化もされ、累計170万部突破の売り上げを記録するなど大人気を博しています。佐田さんにお聞きしますが、実写映画版で健太郎さん、山田裕貴さんが出られると聞いていかがでしたか?

佐田:この映画はノンフィクションでお届けしていますが、唯一のノンフィクションが、2人が男前すぎるところです。そこだけノンフィクション。もったいないくらいですね。

──佐田さんの役・正樹を、健太郎さんが演じています。

佐田:初めて会った時、まだ少年のような感じで未成年でしたし。あれから1年くらい経ち、今は成人しましたが変わりましたね。ぐっと大人になった。映画でも少年が大人に変化していく部分が見られるので、健太郎の成人式になったかなと。

山田:確かに顔つきが変わったね。

健太郎:本当ですか?

佐田:ほんと、ほんと。

──親友・厚成の役は山田さんが演じましたね。

佐田:本物の厚成を僕は知っているのですが、山田くんは男前すぎますね。でも熱い演技がすごく合ってた。

山田:よかった~。

佐田:厚成が「それが今やろ!」っていう時があるんですけど、そこは世の全男の子のスイッチがグッとはいるシーンだと思いますね。涙スイッチがね。友情ってあれなんですよ。かっこよかったです。

左から佐田正樹、健太郎、山田裕貴

──健太郎さん、山田さんは、佐田さんの青春時代をどう感じましたか?

健太郎::佐田さんが出演しているバラエティ番組の映像などを見ていて、当時のことをすごく楽しそうに話されているのが一番の印象でした。なので、みんなとも話して、とにかく楽しもうと撮影の2週間を過ごしました。“楽しい”が一番で、仲間を愛して、それから泥臭い感じもあって。

山田:計り知れない経験をしていると思うんです。普通の人が感じないような部分をすごく熱く感じていたりとか。そうした部分を演じるって想像力だけでどこまでいけるのか分からないので、とにかく生半可な気持ちではいけないと思いましたね。だからバリバリ気合いだけは入れてました。厚成として、とにかく熱量はみんなにも負けないように。あと、僕、AKB48の番組で佐田さんが最終回で泣いているのを見たんです。

佐田:あはは! そこいじる?

山田:すげー、感動したんです。いま、番組が終わるというときに、泣いてしまう司会者っているかなって。それだけひとつの番組にかけてるってことだから、すごいかっこいいって。

佐田:書いておいてくださいね。かっこいいって。

山田:そこから佐田さんのことが好きで、結構追っかけて見ていたので、『デメキン』の話がきて、めっちゃ嬉しかったです。

──リハーサルのときに、佐田さんが不良言葉の講義をされたと聞きました。

佐田:あー、やりましたね。

健太郎・山田:覚えてます。

佐田:全部の現場には行けないので、博多弁でケンカをするとき、地元の人でも納得できるリアルさを求めたくて。監督に録音させてくださいって言われて、そういう講義をしました。

──ケンカアクションにもアドバイスはあったんでしょうか。

佐田:アクション監督の方に、こうやっていましたとかお話ししました。僕は柔道をやっていたので、健太郎には柔道経験者なりのケンカの動き方を入れたりしましたね。

──おふたりは、ケンカのシーンは大変じゃなかったですか?

健太郎・山田:楽しかったです!

健太郎:そういえば、アクション練習のときに、1回、山田さんのパンチが僕に当たったんです。

山田:そうそう!

健太郎:あのときは、イテー!ってなりましたけど(笑)。

山田:初めて会った日だったんですよ。まじ、ごめん、大切な顔を……ってすごく心配しました。

──それで一気に打ち解けたりは?

健太郎:山田さんがとにかく優しく接してくれたし、近づこうとしてくださったので、正樹と厚成になることが出来ました。

──健太郎さんは、山田さんのことが大好きだそうですね。

山田:そうやって言ってくれるんですよ。俺も健太郎のこと、めっちゃ可愛いって思ってますよ!

健太郎:大好きです。

佐田:僕は客観的に見てましたけど、仲良かったですね。印象的だったのが、集会のシーンに、OBとかがエキストラで来てくれたりして、バイクの音とか、ニオイとか、みんなで特攻服を着て集まっているのを、遠目で見てたんですけど、当時がフラッシュバックしました。あのときのまんまやん!って泣きそうになった。ホンマに。

──あの2代目総長の特攻服をもらうシーンですね。

佐田:あのとき、めちゃくちゃ寒かったんですよ。カットがかかったら、ドラム缶の火のところにみんなで集まってね。

健太郎・山田:懐かしい。

山田:寒くて集まっていたから、本当にいろんな話をしました。あの総長になるシーンは、俺らも本当に嬉しくて。こっちが映るのはほんの一瞬だけど、でも命かけてましたね。佐田さんの、当時の証みたいなものをどうにか具現化できないかみたいなのは、みんな思ってました。

健太郎:みんなすごくよかった。その気合が伝わってきたのでみんなを守っていかなければという気持ちがさらに強くなりました。

(2017/12/15)
 
健太郎
けんたろう

1997年6月30日生まれ、東京都出身。モデルを経て、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で俳優デビュー。映画『俺物語!!』(15年)、ドラマ『学校のカイダン』(15年)などの話題作に出演し人気を博す。主な出演作は映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17年)、『サクラダリセット』(17年)、ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(16年)、『レンタルの恋』(17年)、『アシガール』(17年)など。

山田裕貴
やまだ・ゆうき

1990年9月18日生まれ愛知県出身。2011年に俳優デビュー。映画やドラマ、舞台などに幅広く活躍中。近年の主な出演映画作に、『ストロボ・エッジ』(15年)、『ふきげんな過去』(16年)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(16年)、『青空エール』(16年)、『闇金ウシジマくん Part3』(16年)など。舞台「宮本武蔵(完全版)」(16年)にも主演。その他、映画『闇金ドッグス5』(17年)、『破裏拳ポリマー』(17年)、『あゝ、荒野』(17年)など。

佐田正樹
さた・まさき

1978年9月13日生まれ、福岡県出身。お笑いコンビ、バッドボーイズのメンバー。福岡最大の暴走族の総長だった経験を記した自伝小説「デメキン」を09年に発売。

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。