MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

女優ハン・イェスル、医療事故は左脇のやけど…病院側「回復中、補償も議論」

WoW!Korea - 4月21日(土)9時22分

拡大写真

韓国女優ハン・イェスル(35)が20日にSNSで主張した医療事故とは、脂肪腫を除去する際に起きた左脇のやけどであることが分かった。

脂肪腫は、脂肪細胞で構成された1~3cmの陽性腫瘍で、通常は胴体や太もも、腕などの脂肪組織がある皮膚の下にでき、ソフトなゴムボールのようで痛みがないのが特徴。

21日、江南(カンナム)チャ病院によると、ハン・イェスルは今月2日に脂肪腫を除去する手術を受け、医療陣が手術の痕が残らないようにブラジャーで隠れるような場所を選んでこてで脂肪腫を除去したが、その際にやけどが残ったという。

医療陣はやけどを見つけるとすぐに縫合したが、完全には治らなかった。その後、医療陣はハン・イェスルに同行し、やけど・整形専門病院を訪れて治療を支援している。

江南チャ病院の関係者は「やけど・整形専門病院では傷が治った後の整形治療を勧め、ハン・イェスルさんは現在、通院治療を受けている」とし、「患者側には、傷を治療して残った被害について補償すると提案し、議論を進めている」と明らかにした。

ハン・イェスルはSNSで「脂肪腫の除去手術を受けて医療事故に遭ったが、病院からは補償の話はない」と主張していた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。