MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

韓流

【公演レポ】「Wanna One」、「MOMOLAND」ら今旬のフレッシュなルーキーたちが「KCON」初日に熱狂のパフォーマンス

WoW!Korea - 4月16日(月)23時41分

拡大写真

4月13日(金)から15日(日)までの3日間、千葉・幕張メッセにて開催された世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON 2018 JAPAN」。初日の13日は、コンベンションエリアでさまざまなアーティストが会場を盛り上げた後、メインイベント「KCON 2018 JAPAN×M COUNTDOWN」にはCHUNG HA、「gugudan」、「MOMOLAND」、「PENTAGON」、「RAINZ」、Samuel、「VICTON」、「Wanna One」、「WJSN」が出演。

Mnetサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」出身者が多く、「PRODUCE 101」ファンにはたまらないラインナップで、今旬の勢いのある新人グループ、アーティストが勢ぞろいし、フレッシュな弾けるステージで初日を飾った。

トップバッターは、「PRODUCE 101」シーズン1から誕生した「I.O.I」出身のセジョン、ミナが所属する「gugudan」。「長靴を履いた猫」をモチーフにした「The Boots」で、クールかつパワフルに大人っぽい雰囲気を漂わせた彼女たちは「オープニングステージを飾ることができて光栄です。日本に本当に来たいと思っていたんですが、きょう来られてうれしいです」と話すと、セジョンとミナが、日本のファンのために準備したという愛嬌を披露し、ファンをメロメロに。

さらに、ミミがピカチュウのモノマネを披露し、会場を沸かせた後、「Rainbow」で可愛いさあふれるキュートな魅力を振りまいた。

スペシャルMCとして、「Wanna One」のファン・ミンヒョンとイ・デフィが登場すると、会場は大歓声!2人は韓国語と日本語を交えながら、息ぴったりの掛け合いで、軽快に進行し、次の出演者を紹介した。

2組目は、「PRODUCE 101」シーズン2出身メンバーで構成された「RAINZ」。エネルギッシュなパフォーマンスの「TURN IT UP」、ファンに愛されている曲「Somebody」を披露した。

続けて、“「Apink」の弟グループ”として注目される「VICTON」が3組目に登場し、男らしさが際立つ「REMEMBER ME」ACOUSTIC+PERF ver.、シックな雰囲気の「EYEZ EYEZ」のステージを繰り広げた。

そして、「RAINZ」と「VICTON」の2組によるトークでは、5つのキーワードでそれぞれがグループの魅力を紹介。「RAINZ」のビョン・ヒョンミンがアクロバットを見せれば、「VICTON」のチャンもダンスを披露。さらに「RAINZ」はメンバー全員でアカペラを、「VICTON」は「Red Velvet」の「Bad Boy」を歌うなど多彩なグループカラーをアピールした後、「VICTON」は「きょう皆さんと過ごせてうれしいです。まだ僕たちを知らない方もいると思いますが、ぜひ『VICTON』のファンになって帰ってください!応援してください」とし、「RAINZ」は「いつも僕たちに元気をくれる皆さんに、もっといいステージと僕たちの愛でお返ししますので、見守っていてください」とメッセージを伝えた。

続くコラボステージでは、ガールズグループによるボーイズグループのカバーダンスが繰り広げられた!「WJSN」が「東方神起」の「MIROTIC」、「MOMOLAND」 が「SUPER JUNIOR」の「Mr.Simple」、「gugudan」 が「BTS(防弾少年団)」の「DOPE」をメドレーでつないだ後、最後はステージを広く使って3組が「BIGBANG」の「BANG BANG BANG」で圧巻のステージを披露。クールでカッコいいガールズパワーを見せ、会場も一体となって盛り上がった。

4組目には、「PRODUCE 101」シーズン2で人気を博した16歳のソロアーティストSamuelが登場。初々しい純粋さが感じられるデビュー曲「SIXTEEN」と、「BTOB」のイルフンが作詞とフィーチャリングに参加したことで話題を集めた新曲のダンスナンバー「ONE」を披露。持ち前の華麗なダンスと爽やかな歌声はもちろん、アイドルの間で流行っている愛嬌たっぷりの「告白ソング」も歌ってキュートな一面も見せ、観客を魅了した。

そして、ダンスコラボに突入。Samuelのパートナーとして、「I.O.I」でダンスクイーンだったCHUNG HAがステージに登場。ダンスの実力が高い2人なだけに、見応えたっぷりのステージで観客の目をくぎ付けにした。

そのまま5組目のステージとして、CHUNG HAが新曲「Roller Coaster」とデビュー曲「Why Don‘t You Know」を披露。ダイナミックでしなやかなダンスを見せ、ステージではカッコよく、セクシーな魅力を漂わせるが、話すと可愛らしい声で、「日本のファンの皆さん、本当に本当に会いたかったで~す」とキュートな可愛らしさを漂わせ、そのギャップがファンの心をくすぐった。

次はこの日一番のサプライズ演出となった、「PENTAGON」ホンソク&「WJSN」ソラのコラボ。スジ(miss A)&ベクヒョン(EXO)の「Dream」をカバーし、爽やかな甘い雰囲気を漂わせ、観客をうっとりさせた。

6組目は「MOMOLAND」。現在、韓国で大ブレイク中なだけに、彼女たちの登場に会場の歓声と熱気が一気に上がり、「BBoom BBoom」DANCE BREAK ver.を一緒に踊るファンもいて、お祭りムードに。「MOMOLAND」も愛嬌を準備したとし、1人ずつ順番に「よろしくね」とキュートにあいさつし、6月の日本デビューも期待してほしいと伝えた。

また、この日ちょうど誕生日だったナンシーのため、メンバーたちがバースデーソングを歌い、ファンも一緒にお祝いすると、ナンシーがうれしさのあまり涙を流し、感動に包まれる一幕も。最後は、元気いっぱいでハツラツとした「MOMOLAND」にぴったりな「おどるポンポコリン」リメイクver.をノリノリで披露し、観客をたっぷり楽しませた。

7組目の登場となった「PENTAGON」は、最新曲「輝け」から。個性あふれるパフォーマンスでファンを沸かせると、今回が2回目のKCON出演となる彼らは「1回目より成長した姿を見せられるように頑張っていくので、応援よろしくお願いします」と意気込み、この日のために準備したという特別なギャグもお披露目。1人ずつ名前を言っていき、ユウトが「きょうは僕たちの顔と名前だけでも覚えて帰ってください」と言うと、メンバーたちが「覚えられるかーい!」とツッコミを入れ、また1人ずつリアクションをする絶妙な団体芸を見せ、会場を爆笑させた。

面白さを届けた後は、“ゴリラダンス”でお馴染みの「Gorilla」JPN ver.と「Can you feel it」JPN ver.で、熱いステージを披露し、ファンを魅了した。

8組目に登場した「WJSN」は、今回は10人で参加。新曲「Dreams Come True」dance ver.を披露した後、「皆さん、久しぶりです。皆さんがたくさん応援してくれて、私たちは幸せです」とあいさつすると、企画コーナーに。「WJSN」のメンバーたちは「BTS」の「BOY IN LUV」などのカバーダンスを踊ったり、スクリーンに映し出された客席のファンと同じポーズを完成させて写真を撮ったりした後、サイン入りTシャツを客席に投げ入れるファンサービスまで、盛りだくさんの企画でファンを喜ばせた。
そして、可愛らしさ全開の「君に届け(I Wish)」で締めくくった。

ここでMCがCHUNG HAと「gugudan」ナヨンにバトンタッチ。ファンの期待値を最高に高めたところで、いよいよラストを飾る「Wanna One」がスモークに包まれて登場!“1”をかたどったペンライトの光が一斉に点灯し、会場は割れんばかりの大歓声で揺れた。激しいダンスの新曲「BOOMERANG」で、カリスマ性あふれるメンバーたちのワンショットがスクリーンに映し出されるたびに、「ギャ~!」という悲鳴のような歓声が起こり、「ウィンウィンウィンウィン」のファンの掛け声もバッチリ。待ちに待っていた「Wanna One」の生のステージに大興奮、感激するファンの熱狂ぶりがすさまじかった。

ハ・ソンウンが「日本の『Wannable』(=「Wanna One」のファン)と会えると思って、ワクワクしていました。愛してる~」とファンの声援に応えた後、「Wanna One」も企画コーナーへ。まずは、メンバーたちの101秒リレーインタビュー。

11人が全員、制限時間内に質問に答えられたら成功というもので、トップバッターのライ・グァンリンが自分の魅力的な表情3つを披露した後、パク・ジフンが「ネ マウムソゲチョジャン(僕の心の中に保存)」のセクシーバージョンを、ペ・ジンヨンがエネジェティックなポーズを、カン・ダニエルが自分の体で自信があるところを見せるなど、それぞれが魅力を炸裂させ、わちゃわちゃしながらも時間内に成功させた。

さらに、「WJSN」と同様にパク・ジフン、オン・ソンウ、ファン・ミンヒョンが客席のファンと同じポーズを完成させて写真を撮り、客席にTシャツを投げ込むファンサービスも。

「『Wannable』の皆さんと一緒に遊べて、楽しかったです」というイ・デフィに続き、カン・ダニエルが「美しい『Wannable』のために、次の曲をお届けします」と曲紹介し、しっとりしたバラード「Beautiful」を熱唱。さらに、出会いと別れの切なさを表現した歌詞が印象的な「君の名を」で、甘い歌声を聴かせた「Wanna One」。カン・ダニエルは感極まった様子で、涙が頬を伝っていたが、客席でも涙を流し、じっくり噛みしめながら聴いているファンがあちこちに見られた。

そして、最後はデビュー曲「Energetic」で、メンバーたちはキレキレのパフォーマンスを披露。ラストにふさわしい大盛り上がりで、初日のステージを締めくくった。

エンディングは、この日の出演者が総出となって、ステージの隅々まで歩きながら客席に手を振り、別れを惜しみつつ、大盛況のうちに幕を閉じた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。