MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<大島優子>朝ドラでヒロインの幼なじみに 戸田恵梨香に「ぶつかっていきたい」

まんたんウェブ - 2月21日(木) 17時8分

拡大写真
NHK大阪放送局で行われた会見に出席した大島優子さん

 女優の大島優子さんが21日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で行われた、戸田恵梨香さんが主演する2019年度後期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」の出演者発表会見に出席した。大島さんにとって海外留学後、初めてのドラマとなり、朝ドラは2015年度の「あさが来た」に続き2度目。戸田さんが演じる女性陶芸家の草分けとなる川原喜美子の幼なじみ、熊谷照子を演じる大島さんは、戸田さんと同い年で共演経験もあることから「現場では恵梨香を支えたい。ぶつかっていきたいと思います」と話した。

 「あさが来た」への出演を「ワンシーンだけだったので、現場の雰囲気や空気も感じないままに一瞬で終わってしまった」と振り返り、「今回は長丁場なので、幼なじみとしてどれぐらい密に時間を過ごせるかなと思っている」と、戸田さんとの共演を楽しみにしている様子。「『こういう現場ではなんて呼んだらいいのかな。戸田さんの方がいいのかな』と聞いたら、『恵梨香でいいんだよ』と言ってくれたことが、うれしくて。心がスッと入れた気がします」と笑顔を見せた。

 大島さんが演じる照子は、信楽(しがらき)で一番大きな窯元かまもと「丸熊陶業」のお嬢様。プライドが高く勝ち気な性格で、ちやほやされるわりに友達ができないというキャラクターだ。大島さんは「友達がいない役。はつらつとはしているんですけど、唯一の友達が喜美子」と説明し、「彼女(喜美子)が構いたくなるチャーミングさ、愛嬌(あいきょう)があるからこそ(二人が)一緒にいる……というところを、ちゃんと作っていければ」と意気込んだ。

 会見後に取材に応じた同作の制作統括、内田ゆきさんは、大島さんの起用について「頑張り屋で孤独だけど、愛嬌もある女の子を演じていただく人と考えたときに最初に名前が挙がった人。戸田さんと同い年というのもかなり大きな要素です」と語った。

 「スカーレット」は101作目の朝ドラ。人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが脚本を手がける。戸田さん扮(ふん)する喜美子は大阪で1937(昭和12)年に生まれた3人姉妹の長女で、9歳で滋賀県の信楽に移り、働き者の女の子として幼い頃から一家を支える。地元の信楽焼に触れて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界で女性陶芸家の草分けとして歩み始める。2児の母となる一方で、愛情を込めて多くの弟子たちを育てていく。

 この日はほかに、喜美子の父、常治役の北村一輝さん、母、マツ役の富田靖子さん、上の妹、直子役の桜庭ななみさん、下の妹、百合子役の福田麻由子さん、謎の旅人・草間宗一郎役の佐藤隆太さん、幼なじみの大野信作役の林遣都さん、川原家の隣人・大野陽子役の財前直見さん、新聞記者・庵堂ちや子役の水野美紀さん、医学生・酒田圭介役の溝端淳平さんの出演が発表され、戸田さん、大島さんとともに会見に出席した。溝端さんは会見を欠席した。なお、戸田さんと北村さん、大島さんはドラマや映画で人気を博した「SPEC」で共演している。

 放送は9月30日~2020年3月を予定。4月にクランクインし、滋賀県甲賀市でのロケも予定している。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。