MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

国内

<イモトアヤコ>「家売るオンナ」Pが語る“女優力” 演出つけたら「びょーんと飛ぶ」

まんたんウェブ - 2月20日(水) 8時20分

拡大写真
お笑いタレントのイモトアヤコさんが出演する連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第7話の1シーン(C)日本テレビ

 人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系・日曜午後7時58分)では体を張ったロケに挑み、昨年放送されたTBS系「下町ロケット」では天才エンジニアの島津裕を熱演。今クールでは、「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系・水曜午後10時)で、元テーコー不動産の社員・白洲美加を演じているのはイモトアヤコさん(33)だ。「下町ロケット」では白洲美加と全く違った役柄で、SNSでは「イモトさんの演技の幅がすごい」と称賛の声が上がった。ドラマを手がける同局のプロデューサーの小田玲奈さんが語るイモトさんの“女優力”とは……。

 今作は、2016年7月期に放送され、17年5月にスペシャルドラマが放送されるなど人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編。客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまう三軒家万智(北川さん)の活躍を描く。「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品だ。

 ◇白洲美加はイモトが「作った」

 イモトさん演じる白洲美加は、前作では万智にしごかれるダメダメ新人営業ウーマンとして登場。今作では、本多力さん演じる宅間剛太と離婚し、シングルマザーとなり、臼田あさみさん演じる珠城こころママの「BARちちんぷいぷい」で働いていた。しかし、6日放送の第5話では、“遅刻20回目”ということでクビになってしまい、スーパーでアルバイトを始めて……という役どころ。

 「白洲美加の世界」改め、「白洲美加の逆襲」と題された公式インスタグラムでは、「好きなモノ…花柄のブラウス、ピンクベージュのネイル、あまぁいカフェオレ…あと、足立さん」「嫌いなモノ…努力、根性、あと芋虫の天ぷら…そして、三軒家万智!」などと自己紹介。そして、「最近テーコー不動産の奴らのたまり場ちちんぷいぷいをクビになっておこ! 奴らが困る情報を発信してやるぅ! 美加の逆襲はじまりはじまり~!」と意気込みを語っている。

 そんな白洲美加という強烈なキャラクターについて、小田さんは「三軒家万智と同じくらいヤバい人。それをやれるのは彼女(イモトさん)しかいない」と話す。そして、「もし他の女優さんがやっていたら、あんな役には絶対になれないと思うから、すごい存在だなと思います。白洲美加を作ったのは彼女だと思う」と力を込める。

 ◇三軒家万智のキャラもイモトのおかげ?

 「BARちちんぷいぷい」をクビになってしまい、こころママに対して、白洲美加は「そんな! 血も涙もない! 私はかわいそうなシングルマザーなんですよ~」と文句を言っていた。小田さんは、「普通だったらほんとにひどいところだけれど、誰もそう思わないんですよ。それは、白洲美加がしょうもない役だからなんです」と話す。

 第1シーズン時には、万智が、白洲美加をガムテープで“ぐるぐる巻き”にした場面があったが、「これはパワハラだって言われても仕方ないけど、誰も言わない。それは、三軒家万智がああいうふうに働いているのと、白洲美加がしょうもないことをやっているから仕方ないよねって」と分析。一方で、「あの役を、若くて可愛い女優さんがやったら、三軒家万智はひどい人だと非難されたかもしれない。打たれ強い人(イモトさん)がやっているから許される」と表現する。

 小田さんは「このドラマを見て、明日から仕事頑張ろうと思えた」という感想をもらったことが「一番うれしい」と語り、「三軒家万智が、ああいうふうに多少きついことを言ったりしても、一生懸命頑張っているのを見て、『明日からも頑張って働こう』と思ってもらえているんだと思うんです。それ(多少きついこと)を言える相手がいないと、言えないって意味でいくと、すごい人物だな」と白洲美加について話す。

 ◇白洲美加の演技は「常にマックス120%」

 小田さんによると、イモトさんは、本番前の1回目のリハーサルでは「意外と普通にやる(演じる)」というが、「ただ、『こんなふうにやったらどう?』とか、『もうちょっと劇的な感じでやりたい』とか言って、監督がちょっと演出をつけたら、びょーーーんって飛ぶっていうか……」と明かす。

 そして、監督たちの様子を、「監督も手応えがあって面白いみたい。(イモトさんと)一緒に白洲美加を作りながら本当にうれしそうにしています」と話す。

 撮影の合間に取材に応じたイモトさん本人も「基本的に、猪股(隆一)監督の演出に楽しんで乗る。この現場は、誰も止める方がいないので、やればやるだけどんどんOKになって……(笑い)」と語り、白洲美加を演じる際は「もうできるだけ! 抑える気持ちはないです! 常にマックス120%でそのシーン、そのシーン、やっていますね。正解かどうかわからないですけど……」と明かしていた。

 前作からのイモトさんの成長ぶりについて、小田さんは「いい意味で、(さまざまな経験を積んだ後も)変わらないで戻ってきてくれて、“爆発”を見せてくれたことが素晴らしいと思った」と話す。白洲美加を演じるイモトさんの演技に今後も注目だ。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./Copyrights(C)wowkorea.jp/Copyrights(C)YONHAP NEWS/© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。